小諸市マンション売却ナビ

MENU

小諸市のマンションを高く売る方法|小諸市マンション売却ナビ

小諸市のマンションを少しでも高く売りたいなら、不動産一括査定サイトの利用をおすすめします。

不動産一括査定サイトのメリット

  • 約1分の入力作業で複数の不動産業者に一括で査定依頼できる。
  • 完全無料で利用できる。
  • 各業者の査定額を比較できる。
  • 小諸市の相場が分かる。
  • 競合するので、良い条件が出やすい。
小諸市のマンションを査定してもらう時に、不動産屋に直接依頼するのは危険です。

きちんと論理武装していかないと、業者の利益優先でマンション売却を進められてしまいます。


不動産一括査定サイトを使えば、サービス・価格競争が起こるのでこちらに有利な条件が出やすくなります。
また、悪徳業者や評判の悪い業者はサイトから排除されてしまうので、優良な業者が見つかりやすいです。


不動産一括査定サイトのデメリット

不動産一括査定サイトにはデメリットはほとんどありませんが、あえて言うなら「複数の業者に対応するのが面倒」ということです。
しかし、利用することで「500万円も高く売れた」という事例もありますので、その位の事は許容範囲ではないでしょうか。

不動産一括査定サイトランキング

マンション売却に強い不動産一括査定サイトをランキング形式でご紹介します。

イエイ

イエイは株式会社Qが運営する運営歴10年以上、利用者数300万人突破の人気サイトです。知名度、人気度ともに不動産一括査定サイトの中ではNo1です。イエイの特徴は「イエローカード制度」や「お断り代行サービス」などの独自サービスが充実していることです。余計なトラブルや心配を未然に防いでくれるので安心して利用できるサイトです。


RE-GUIDE

RE-GUIDEは、旧SBI不動産が運営する宇運営歴10年目の老舗サイトです。RE-GUIDEの一番の特徴は最大10社まで一括でマンションの査定依頼ができる事です。他のサイトは最大6社がほとんどですので、複数の不動産一括査定サイトに登録するのが面倒な方は一番多くの業者を比較できるRE-GUIDEがおすすめです。


イエウール

イエウールは、株式会社Speeeが運営する不動産一括査定サイトです。イエウールの特徴は提携業者数の多さ(1200社以上)とカバーできる事案の広さです。例えば他のサイトではなかなか業者が見つからないような田舎地域などのマンションでもイエウールなら見つかる事が多いので、複数のサイトに登録する余裕のある方はイエウールも利用してみて下さい。


できれば上で紹介したサイト全てを利用するのがおすすめですが、1つだけ利用したいという方には一番多くの方に選ばれているイエイがおすすめです。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

小諸市のマンション売却

小諸市でマンション売却したい人へ。マンション売却を有利に進めるなら読んで下さい。

 

「小諸市でマンション売却するんだから小諸市の不動産業者に電話すれば良いよね!」という風に考えてはいませんか?

しかし現実は、そんな風に簡単に考えてしまうと損する可能性がかなり高いです。

 

マンションや戸建てなどの不動産は売却価格の相場というのはありますが、見る人によって差が出てくることがほとんどです。

マンション売却の仲介業者の中には手っ取り早く買い手が見つかるように、相場よりも低い価格を提示してきたり、最初は高く見積もって自分のところで契約してもらい、徐々に価格を下げていくなどあなたにとって、悪条件になってしまうところも多々あります。

 

不動産に対して知識の深い人が知り合いにいれば、不動産業者選びで失敗する可能性も低くなりますが、多くの人は、たまたま最初に相談した不動産屋の言いなりになってしまいます。

 

数ある小諸市の不動産会社の中から、良いところを選ぶ良い方法は無いものでしょうか?

 

小諸市で良い不動産会社を探す方法は一社だけでなく色々な仲介業者に相談してみて比べるのが確実です。

だからといって、小諸市の不動産屋を自分で調べて1人でまわって査定依頼するのは想像以上の時間と労力がかかります。

 

そんな状況の解決策として是非使ってほしいのが不動産一括査定です。

不動産一括査定は、複数の不動産業者に一括して査定を依頼することができます。

 

不動産一括査定サイトを利用すると、下記のメリットを受ける事ができます。

 

#複数企業への査定依頼が、1回分の入力作業でできる!

#価格競争、サービス競争によって高額査定が期待できる!

#評判の悪い不動産企業には警告や提携解除の措置が取られるため安心!

#お断り代行サービスなど独自のサービスが展開されていて便利!

 

査定に参加した不動産屋すべてに対応しなければいけないというちょっと面倒なところもありますが、メリットの大きさを考えると、使わないという選択はあり得ないでしょう!

関連ページ

 

このページの先頭へ